融合。

b0232519_21243419.jpg


武田さんの作品を展示してから
朝 昼 夕刻と、移ろう太陽の光の強さや陽射しの角度
陽が落ちてからのライティング、と
様々な光の中にある様子を観てきました。

昼間のやわらかな光と西陽が強く射し込む夕刻では、立体作品がまとう影が全く違い
その形、佇まいが別のもののようにも見えます。
投光器に照らし出された夜の姿はまた、壁にくっきりと映る作品のシルエットがとても美しく
作品そのものの輪郭を確かめるように眺めてしまいます。


”3Fで”
展示会場をここに決めた武田さんの意図がよくわかりました。
陽射しが最も入るこのフロアの魅力を活かしてのことだったのです。
そして、
剥き出しの天井の張りや鉄骨、棚も椅子も釘も、落ち葉も窓からの景色も
もともとここにあるものと作品に関係性を紡ぎ出すよう
展示の仕方にも工夫が凝らしてあります。
どこでやっても変わらないのではなく、
展示する場所によって、その場所と作品に繋がりをもたせて魅せる
その空間すべてが彼の創り出すアートなんだと感じています。

b0232519_21275458.jpg


アーティスト武田 晋一の世界。
まだ観ていない方はもちろん、一度観たけれどという方も
ぜひもう一度、違う時刻に訪ねて来てください。
別の光のなかで観る作品たちは、また別の表情で
ここにあるあらゆるものと作品たち
すべてでひとつなんだというのを感じていただけると思います。





アーティスト 
武田晋一  展

2011年12月17日(土)〜12月25日(日)
開場時間 12:00〜19:00

※17、18日は 武田晋一氏が在廊します。

ー開催場所・お問い合わせー
RePS
〒737-0845
広島県呉市吉浦新町1−6−21 2F
Tel/Fax 0823−31−7747
HP http://reps.exblog.jp
MAIL replay819@me.com
Twitter @feel_RePS

JR呉線 吉浦駅より徒歩5分
駐車場あり
[PR]
by with-reps | 2011-12-21 11:10 | アート 武田晋一 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://reps.exblog.jp/tb/17396631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。