2012 一冊目。

b0232519_199815.jpg


毎日少しずつ、合間の時間に本を読みます。
長い物語や小説よりも、
短い文章がひとつずつ完結しているものが好きで
短編集やエッセイなどは細切れの時間にも読み易く、
本を手にする時間が自然と持てるようになりました。

そんな私の今年の一冊目は、
松浦 弥太郎 著  ”愛さなくてはいけない ふたつのこと” (PHP研究所)
『暮しの手帖』 編集長である松浦弥太郎さんが綴る実践的人生論。
とは言え、小難しいことは全然ないのです。
わかり易い言葉と表現が使われていて、
考えながら読まなくても、すっと伝わってくる文章に
読み手への優しさと思いやりを感じます。


誰もが心に少なからずは持っているはずの
心配や不安、寂しさに寄り添う術を
簡単なエクササイズと併せてお話されており、
そうだなと改めて頷くことばかり。
新年に相応しく、気持ちを新たにしてくれる素敵な本でした。

RePSの図書室に仲間入りさせますので
ぜひ読んでみてくださいね。
まず、今日という一日を大切に過ごそう
しなやかなココロで日々に向かう力と笑顔が溢れてきます。
よき文章、言葉との出会いもまた、
思考や視野を拡げてくれる素晴らしいものですね。

b0232519_1911213.jpg


”気持ち良く”を目指して、
今年もまだまだ日々探求、日々勉強。
重ねてゆく毎日が繋がる未来を
どんなふうにも創っているのは自分、なのですよね。
気持ちがしゃんとしました。
さあ、明日もまたよき一日を。
[PR]
by with-reps | 2012-01-10 20:10 | 日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://reps.exblog.jp/tb/17583568
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。