シルクスクリーン印刷

b0232519_121742100.jpg



b0232519_12174281.jpg



先日、GRAFICAさんで行われた 印刷体験ワークショップ
Do you wanna try printing? ー刷ってみる?ー
に行ってきました。

1930年代の英国製 古い活版印刷の機械や
スクリーン印刷 箔押しなど、
専門の道具を使って 実際に触れ、いろいろな印刷を体験させてもらえるという
大変貴重で、楽しい機会をいただきました。
先生になっておられたのは NEWLITEPRESSさん。
印刷に興味はあるものの、その種類や特性 それらがどんなふうにして刷り上がるかなど全く知らない私などにも、実に丁寧に わかりやすく説明してくださいました。
紙に 布に 刷り上がったものを文具に仕立てたり!
文字やデザインはどれも、印刷機の種類によってその表情が異なり
それぞれに味があって、かっこよくて
刷る度に驚きと感動! たくさんの印刷物とワクワクをいただいて帰ったのでした。
楽しくて勉強になる素晴らしいワークショップに参加できてとてもうれしかったです。
GRAFICAさん NEWLITEPRESSさん ありがとうございました!
またぜひやってくださいね!!



オリジナルを作るって楽しいですよね。
こんなのがいいなぁというイメージがカタチになった時のうれしさは格別です♪

と、先日、RePSにて絵画展を開催した真吉さんに作品についていろいろお話を聞いていた際に出て来たのがシルクスクリーンでした。
真吉さんの絵は、まずシルクスクリーンで版を作り、それを刷ったものに色を付けてゆくという方法で描かれているそうです。
??なんです?それ どういうものなの?っていう原理を教えていただくうち、
もしかしたらそれは、たとえばそれは、版を作ればいろんなものにくり返し印刷できて
オリジナルプリントものが簡単に作れてしまうってこと??素晴らしい!楽しそう!!
という話になりまして、
RePSでワークショップとしてやってみよう!ということになりました。


内容としましては、
手描きのイラストや文字を使って、シルクスクリーンの版を作っていただきます。
それを紙や布に刷って、オリジナルプリントを楽しもう!というものです。
ひとつ版を作れば インクを変えていろんなものに刷れますよ♪

先日、GRAFICAさんのワークショップでもスクリーン印刷を体験させていただきましたが
インクを乗せて刷って 版を外した時の感動といったら!!
RePSでは特別な機械は使わず、手作業で作ることになります。
真吉さんに来ていただき試作をしてみました。


b0232519_12174345.jpg




実に簡単!楽しー!

近々RePSにて開催したいと思います。
詳細については、決まり次第このブログページでおしらせいたします。
楽しい企画となるように真吉先生共々力を尽くしますので、
みなさまぜひ、ご参加くださいね!
[PR]
by with-reps | 2012-08-02 12:21 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://reps.exblog.jp/tb/18762206
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。