飲時。


b0232519_21263738.jpg




「 飲時 」


こころも手も暇なとき

読書や作詞にあきたとき

こころが混乱したとき

歌をきき、音楽を鑑賞するとき

歌曲が終わったとき

門を閉じて世間のややこしきことから逃げるとき

琴をひいたり、絵画を見たりするとき

夜もふけて、ともに語るとき

明るい窓の前、きれいな机に向かうとき

奥座敷や眺望のよい楼上にあるとき

客と主人がうちとけて語るとき

友人を訪問し、帰宅したとき

風がおだやかで空が晴れているとき

小雨が若葉を濡らすとき

小さな橋のほとりの畫舫のなかで

茂った林とながい竹やぶを眺めて

花を手入れするとき、小鳥を馴らすとき

小さな中庭で香をたくとき

酒宴が終わり客が去ったあと

静かな仏寺や道観で

名泉や怪石のほとりで

よき客人、恋人と

子供たちを見守るとき




                  ( 明・許次紓 『茶疏』より )



**********************************************

いつ、
何時、ということもなく
ほっとひといき つくために。
あたたかな飲み物は、その温度や香りや味わいと
飲んでいる時間、そのもので
深く 心を和らげてくれるようです。

だから、
どんな時でも、
飲みたくなった時が飲時、そう思います。


なにはともあれ、とにかく 一杯。





b0232519_2128251.jpg



RePSの窓辺で あたたかな飲み物を傍らに。
それは とても心地良いひとときです。
[PR]
by with-reps | 2013-01-18 22:03 | 日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://reps.exblog.jp/tb/19859184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。