すくすくと。

b0232519_15523111.jpg


ヒヤシンスの球根が、
少しずつ 少しずつ 葉と根っこを伸ばしてゆきます。



b0232519_1551292.jpg


グリーンネックレスのたまちゃんも、
新芽ならぬ新玉を つんと伸ばしはじめました。
秋からそのままの古玉も ぷりりとひと際、大きく艶やかになってきました。


b0232519_15514132.jpg


ひょろっこかったミセバヤの株元にも、
いつの間にやら 芽キャベツみたいなかわいい新芽が出ています。


人よりもうんと、気候の変化に敏感な植物たち。
寒い寒いと思っていても、
少しずつ 陽射しが違ってきていること、
少しずつ 季節が移ってゆくこと、
日毎、春に近付いていることを 彼らの成長に教えられます。
冬は特に、寒さに耐え さらに伸びようとする姿が
健気にも、力強くも思え
その すくすくぶりを愛でながら、うれしい気持ちになりますね。





小さな芽たちも だいぶ育ってきましたよ!

b0232519_15532435.jpg


枝垂れるように伸びて 白い小花を咲かせるブライダルベール。

b0232519_15535848.jpg


こちらが その子供。





b0232519_15544375.jpg


葉っぱを縁取るように ピコレースみたいな芽をいっぱい付けているのは子宝草。

b0232519_15554043.jpg


こちらが その子供。
今までどれだけさし芽したか。。ホント、子だくさんです(笑)




b0232519_15563317.jpg


他にも、少しずつですが おすそわけできる苗が育ってきました。



新芽はもちろんなのですが、
徒長したものを切り戻したものを さし芽してお世話しています。
時々、
「育ててみたいけれど、育てるのが下手だから。」とおっしゃる方がおられますが、
これはまったく 上手い、下手ではないのですよ!
植物はもともと、自分で育とうとしていますから
むずかしいことはなにもありません ただ、見てやるだけで大丈夫なのです。
言葉を話すわけではないので、わかりづらいかもしれませんが
毎日見ていると、様子の違いがわかってきます。
どうして欲しいかも 次第に伝わってきます。
寒いだの、水が欲しいだのと、ちゃんとサインを送ってきますので。
とにかく毎日、見てやること
すると、植物って実は とてもおしゃべりなんだと気付くはずです(笑)
それがわかれば、お世話をすることは全然むずかしいことでなくなります。
誰にでも、育てられますよ!
毎日愛でていれば良いのですから。


特に、
RePSの窓辺で暮らしているもの達は 強いコばかりですので、
お越しの際には どうぞひとつ、連れて帰ってやってくださいね。

暮らしの中、その傍らに すくすくとした息吹があるって
楽しくて、そしてそこから チカラをもらえるような…
なんとも心地良い存在ですね。
[PR]
by with-reps | 2013-01-29 23:30 | 日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://reps.exblog.jp/tb/19901734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。