紅茶のおはなし。


b0232519_19422240.jpg


喫茶をはじめるにあたり、
師匠の細やかな指導と あたたかな目に育てられながら修行してきた
美味しいコーヒーを淹れるということ。
”コーヒーとドーナツ” に、毎日、とても真摯な気持ちで向き合ってきました。

けれどこうして、
いざ お店をはじめてみると
コーヒーと並んで、いつも紅茶を飲まれるお客さまが多いことに気付きます。



そう言えば、私自身も 喫茶をはじめる前には、
ウチで飲むのはコーヒーで、出先のお店で飲むのは紅茶がほとんどでした。
その理由は、
コーヒーが苦手 だったのです(なんと!笑)
コーヒーはその香り、とにかくそれがとても好きなのだけれど、
濃くて苦いコーヒーが飲めなかったのでした。
なので、コーヒーはウチで
やわらかくて香りの良い コーヒーの実の果実感が感じられるような…
そんな自分の好みを叶えるものを選んで飲んでいました。
反対に紅茶、
これはなぜか、自分で淹れるより お店で飲む方が美味しいと感じていました。
テーブルに運ばれてくる 素敵なカップに注がれたその飲み物は、
とても美しい色をしていて
目の前に出された時に、鼻腔から入ってくる その香りは、
脳や心を刺激する なんとも心地良い香りで。





RePSでも、
コーヒーと同様、紅茶も楽しんでいただけますようにと。
美味しいものを、そして、幸せな気持ちになれるお茶をお出ししたいなぁと
今は 5種類のストレートティーと、ミルクティーをご用意しています。
とても美味しいと
リピートしてご注文くださる方が多いのがミルクティーです うれしいですね ♪


b0232519_18303661.jpg


実はこのミルクティー、
オープン時から2回、使用する茶葉が変わっています。
当初から、ミルク感がしっかりとあるミルクティーが作りたいと思っていました。
そのために、ミルクに負けない味わいと鮮やかな水色の茶葉をメインに選んでいたのですが
どこかもの足りない もっと美味しいミルクティーになれるはずと
どんどんいろんな茶葉を試してゆきました。
そうするうちに、香りの強いものでもミルクとの相性が良いものがあることがわかってきて
足りなかったのは香りだと気付きました。
ミルクと合わせることで引き立つ香りを選び、更に、茶葉を組み合わせることを試み、
ぴたりとくるミルクティー用のブレンドをついに見つけました!






b0232519_18305767.jpg


はじめは 味わいや水色にこだわっていたけれど、
それも、茶葉の量を増やすことでクリアできました。
一杯のミルクティーを淹れるのに、二種類の茶葉をこれだけ使います。
通常の2.5倍くらいの量です。

これに辿り着くまで、ものすごーく時間がかかったRePSのミルクティー。
「今まで飲んだなかで一番美味しい!」
そんなふうに言ってくださったお客さまがおられて、
さんざん試行錯誤しただけに 喜びもひとしお。
その時はさすがに じ〜んと、ちょっと泣けました。


b0232519_18312239.jpg


MILK TEA    ¥450

ご来店の際には、ぜひ一度お試しくださいね。
幸せな香りに ほぉぅっと ココロ和らぎますように。 
[PR]
by with-reps | 2013-03-01 21:22 | Cafe menu | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://reps.exblog.jp/tb/20091878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。