アイスコーヒーと冷製コーヒー。


梅雨時とはいえ、
晴れの日にはぐんぐんと気温も上がり
本格的に、冷たい飲みものがおいしい季節になりましたね。



b0232519_19504970.jpg


RePSでは、二種類の冷たいコーヒーをご用意しています。

”アイスコーヒー” そう聞くと、
みなさんはどんな印象を浮かべられるでしょうか?
黒っぽくて、濃くて、苦いもの…そんなイメージを持たれる方も少なくないはずです。
これは、アイスコーヒー用として売られている豆が、強めに焙煎されていることによるものです。
深入りの豆は、色、苦みは確かにしっかりしており
氷を入れて飲むアイスコーヒーの場合、ある程度はこの濃さも必要です。
ですが、濃さを出すために深く煎ることで、
それぞれの豆の持つ個性、香りや甘味、酸味、風味といったものは損なわれ
繊細な部分、せっかくのそれを味わえなくなってしまいます。
では、どうすれば良いか…



RePSでは、アイスコーヒー用とされる豆は使用しません。
ホットでご用意するのとおなじ焙煎、おなじブレンド
つまり、いつものRePSのスタンダードなコーヒーをご用意しています。
通常より多くの豆を使うことで、深煎りではなくてもしっかりとした濃さを出すことができます。
”香ばしい” この表現が正しいかはわかりませんが、
黒くて、濃くて、苦い そんなアイスコーヒーの印象が変わる
香り良く 味わい深いコーヒーができました。
ひとくち飲んだ後、口の中に残る快い余韻を楽しんでいただければ幸いです。

b0232519_19523639.jpg

ICE COFFEE (ネルドリップ)   ¥500





もうひとつのコーヒーは、
ウォータードリップで ゆっくりと静かに抽出したコーヒーを
あえて氷なしで味わっていただく 冷製コーヒーです。
水出しのアイスコーヒーを作りたいと、試作試飲をくり返して
この抽出方法に一番合うコーヒーを見つけました。
ちょっと贅沢な豆を使った ウォータードリップコーヒー。
冷たく冷やしてカップでお出ししています。
通常のアイスコーヒーと違い、
氷を入れないことで、最後まで薄まらずに飲んでいただけること
そして、少しずつコーヒーの温度が常温に近付いてゆくことになります。
このコーヒーに使用している豆は、香りと甘味が強いので
冷た過ぎない方が、それをより感じていただけると思います。
こちらはお待たせせずにお用意できるのも良いところ。
どうぞ、ゆっくりと飲んでいただき
温度変化によって変わってゆく、舌に感じる味わいを楽しんでいただけたらと思います。

b0232519_19544249.jpg

ICE WATERDRIP COFFEE (冷製コーヒー)   ¥400

(氷なしでというのは、RePSからの飲み方としてのひとつの提案です。
 ご希望により氷を入れてお出しすることもできますので、ご遠慮なくお申し付けください。)







アイスドリンクの試作をはじめてから、
実は一番悩んだのが、アイスコーヒー作りでした。
他のメニューにも手間がかかるものはあるのですが、
スタンダードとして、その味を決めるのに一番時間がかかったのはやはりコーヒー。
実に多種多様な飲みものですし、好みも様々…
最近はご自宅でも、手間を惜しまず美味しいコーヒーを飲まれる方も増えています。
では、RePSでは、
まだまだ未熟ではありますが、コーヒー屋としてどんなコーヒーをご提供できるのか、
と、常にそれを考えてきました。




b0232519_19485968.jpg


今シーズン、RePSでご用意した二種類の冷たいコーヒー、
アイスコーヒーと冷製コーヒー。
なにはともあれ、論より証拠… 飲んだ時に美味しいと感じていただけるかが全てです。
ぜひ、それぞれの味わいを試していただき
ご感想など聞かせていただけますと大変うれしいです ♪
どうぞよろしくお願いいたします!



++++++++++++++++++++++++++

RePS
〒737-0845
広島県呉市吉浦新町1−6−21 2F
Tel/Fax 0823−31−7747
HP http://reps.exblog.jp
MAIL reps.post@gmail.com
Twitter @feel_RePS
【営業時間】 
13:00〜18:00(月曜〜金曜)
11:00〜18:00(土曜、日曜、祝日)
【定休日】  木曜日

JR呉線 吉浦駅より徒歩5分
駐車場あり
[PR]
by with-reps | 2013-06-07 21:03 | Cafe menu | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://reps.exblog.jp/tb/20563456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。