trip books だより。


b0232519_1917645.jpg


先日、RePSを訪ねてくださった
Bridgeを作られている 岡本さんご夫妻から、ある本を紹介していただきました。
最近 注目されているもので、きっと好きだと思うよと
iphoneで画像も見せてくださって。


明くる日、
厨房にてドーナツを作りながら思い出していました。
そうそう、昨日教えていただいた本、タイトルは…なんだっけ??
確か、アルファベットの大文字が、五つか六つ並んだ名前で
表紙はきれいなブルーや白の 色の背景と、女性がひとり。
話題にもなっているのだから、これでなんとか探せるかな?
見つけられなかったら、岡本さんに尋ねよう。そうしよう。


そう思い、自分ながらに納得して、さぁ、では、とドーナツを揚げはじめました。
そんなところに、リプレイ店主が厨房に入って来ました。
特に言葉はありませんでしたが、その手に一冊の本を持っていました。
表紙を見てハッとしました。
ついさっき、頭のなかで思い出していたイメージ画、
正に、それとおなじものが、突然目の前に現れたのです。
次の瞬間、私の口から出た言葉は、
「どこから来たの!?」
冷静に考えれば、そんなものが、どこかから勝手に来るはずがないのですがー(笑)
そのタイミングにあまりにびっくりしてしまい…
うれしさを通り越して、もう、魔法か奇跡かと思ってしまったのでした。







前置きが長くなりましたが、こちらがその本 KINFOLK(日本版)。


b0232519_18194239.jpg


2011年にオレゴン州ポートランドにて創刊された雑誌で、
今回はその日本版が創刊され、とても話題になっているそうです。

Kinfolkとは、英語で ”親しいもの”という意味だそう。
この本が提案しているのは ”小さな集い”
家族や友人たちなどの身近な人たちと過ごす時間。
大掛かりなパーティーではなく、肩肘張らないリラックスした日々の食卓の大切さ。
誰にでもできるシンプルでベーシックなライフスタイルでありながら、
ついつい忘れがちな身近にある大切なことに気付くヒントを
美しい写真や、暖かな目線で語られるインタビュー、
詩情豊かなことばで綴られたエッセイなどから読み取ることができます。

今回創刊された、KINFOLK JAPAN は、
Kinfolkのレンズを通して垣間見る日本の姿。
外側から客観視され伝えられる日本の文化に、改めて魅せられました。
写真はもちろん、文章も読み応えがあり、とても魅力のある内容でした。
この本に記されたサブタイトル
”Discovering new things to cook, make and do"。
”小さくて新しい発見の日々”を送る というコンセプトのもと、
Kinfolkとは、人を楽しませるというカジュアルなアイデアを分かち合う場所と書かれています。
特別ではない、身近なこと
遠くではない、自分たちの足元にあるもの
この本をじっくりと読みながら、また、今、ここにある日々を愛おしく思い
小さな集いによる、新しい楽しい発見の日々が
RePS この場所にも根付いてゆくといいなぁと、そんなふうに感じました。


ちなみに本は、リプレイ店主が注文してくれていたものが
たまたま あのタイミングで届いたのでしたが。
岡本さんが教えてくださったこと、リプレイ店主が既に頼んでいてくれたこと、
そして、実際に読んでみても、この通り、とても素晴らしい本だったこと。
きっと出会うべき本だったのだろうと、良きご縁に感謝です。


『 KINFOLK JAPAN EDITION VOLUME ONE 』 / NEKO PUBLISHING CO.,LTD.

RePSの図書室 trip booksにありますので、みなさんもどうぞご覧になってくださいね。
ぜひ、時間を作ってゆっくりと読んでいただきたい本です。




++++++++++++++++++++++++++

RePS
〒737-0845
広島県呉市吉浦新町1−6−21 2F
Tel/Fax 0823−31−7747
HP http://reps.exblog.jp
MAIL reps.post@gmail.com
Twitter @feel_RePS
【営業時間】 
13:00〜18:00(月曜〜金曜)
11:00〜18:00(土曜、日曜、祝日)
【定休日】  木曜日

JR呉線 吉浦駅より徒歩5分
駐車場あり
[PR]
by with-reps | 2013-06-17 19:30 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://reps.exblog.jp/tb/20602762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。