<   2011年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

11月23日から始まった
RePSオープニングイベント はじまりの展 “feel so good"。
小野晃蔵さんの写真展を皮切りに、ライブ、上映会、アート展と
およそひと月の期間を設け、四つの企画を用意しました。
心地良い空間として準備が整ったRePSという場所。
まず、ここにこんな場所があるということ、それを多くの方に知ってもらいたい
そんな思いで企画した今回のイベントでしたが
期間中はじめての方にも多数お越しいただき、とてもうれしく思っています。

私たちは、イベントの企画はもとより、
こうした場所を運営するにおいても全くの素人で
はじめてのことばかりに毎日、ドキドキとワクワクと…
戸惑うことも慌てることも緊張ももちろんありましたが、
このイベントを通してのなにもかもが経験で、試みながら感じたりわかったり。
毎日勉強のつもりで過ごしたひと月でした。

これからこの場所を、人が集う場所として活かしていきたい
いろんな方と一緒に、楽しいことをいろいろ。
どんなことを、どんなカタチでできるだろうと試行錯誤しながら
まずは私たちがこの空間の可能性を試してみたのが今回の展です。
例えばこんなふうに…と
四つの企画を通して、この場所の使い方やこの空間ならでは雰囲気をお伝えできたらと思っていましたが、
ご来場くださった方には、企画自体を楽しんでいただけたのと併せて
RePSという空間やこの建物にも興味を持ってくださった方も多く、
『また来ます!』 『また次も楽しみにしてます!』
『いろいろやってくださいね。』 と、これからに期待を寄せてくださる声がとてもうれしく、
何よりの励みとなりました。

もともとは、多くの物が詰め込まれたまま長いこと使われずあった古いビルですが
この場所に来て一年あまりのあいだに
本当にたくさんの方たちとの新しい出会いがありました。
今回のイベントで、はじめてここを訪れてくださった方々とお出会いできたのも
この建物にRePSという空間があるおかげです。
けれど出会いというのは、RePSが出来るまでに
私たちがこの場所にやって来てから既にはじまっていました。
まだなにもない空間なのに、けれど訪ねて来てくださる方たちが次第に増えて
私たちが作りたい場所、その構想や妄想やらにいろんな知恵や力を貸してくださいました。
実際に一緒になって建物の補修や造作を手伝ってくださったり、
RePSのことやこのイベントのことを紹介していただいたり。
だからそう、その頃からこの場所には素敵な出会いがもう既にあったのです。
こうしてたくさんの方との出会いを生んでゆく場所になれたのも、
手を添えてくださる方たちが居てくれたからと
まずその出会いに、一番に感謝しています。

ご縁とお気持ちあって今回このイベントのために
素敵な写真を展示してくださった フォトグラファー 小野晃蔵さん
ゆるりと心地良い音楽を聴かせてくださった 山ねこ団のおふたり
RePSと繋がる素晴らしいアートの世界を魅せてくださった 武田晋一さん
そして素敵なご夫婦 ハーブ&ドロシーにも…
心から感謝、お礼申し上げます。ありがとうございました!

はじめての試みで、楽しいこと、うれしいこと
感動したり、感謝したり、いろいろな刺激も受けました。
逆に、反省から学ぶことも大いにあり、私たちもRePSもまだまだこれからです。
けれどこうして、はじめてイベントをやってみて得たものはとても大きいと思っています。
いろいろな方とお出会いできたこと、
この空間に人が集い、楽しい時間やたくさんの笑顔が生まれたこと。
私たちがずっと見たかったこの空間の理想の姿に
あらためてこの場所を、もっと活かしてゆきたい気持ちになりました。
そしてできればそれを、いろんな方と一緒に。
今回のイベントで、その場所の空気を作っているのはやっぱりそこに集う人たちなんだというのも強く感じました。
まだまだ未完の空間ですが、これからいろんな方が私たちと一緒になって、この場所を活かしてくださるといいなと願っています。

ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。
ここでの出会いが良きご縁となりますように…
ぜひまたお会いできるのを楽しみにしていますね。
これからもRePSをどうぞよろしくお願いします。
[PR]

b0232519_17404230.jpg



作品と西陽との美しい響宴も今日で見納め。

武田晋一によるアート展
最終日の今日もPM7:00まで開場しております。
まだ観ておられない方も、一度ご覧になった方も
ぜひ足をお運びくださいね。

投光器に照らされた夜の姿は
凛とした空気とも融合して
また、とても美しいものです。

まだ間に合いますよ!
時間いっぱいまで
みなさまのご来場お待ちしておりますね。


アーティスト 
武田晋一  展

2011年12月17日(土)〜12月25日(日)
開場時間 12:00〜19:00

※17、18日は 武田晋一氏が在廊します。

ー開催場所・お問い合わせー
RePS
〒737-0845
広島県呉市吉浦新町1−6−21 2F
Tel/Fax 0823−31−7747
HP http://reps.exblog.jp
MAIL replay819@me.com
Twitter @feel_RePS

JR呉線 吉浦駅より徒歩5分
駐車場あり
[PR]


b0232519_043988.jpg





Merry Christmas !


from RePS with Love & Peace

[PR]

武田さんの作品は
木という素材でありながらも
折りたためたり 入れ子になっていたり

すべての作品がとてもコンパクトな状態で運び込まれ
展示する場所に着いてから
それぞれが大きく展開されてゆき
そこではじめて、立体としての姿になります。





b0232519_21522028.jpg





b0232519_21534217.jpg





b0232519_21543744.jpg




最初のカタチからは
全く想像できないものが立ち上がってゆく様は
とても興味深く おもしろく。


奇跡みたいと思ったけれど
綿密に繊細に創られたそれらは
たよりなく見えるのに
私の心配をよそに
どれもこれも均衡を保ったまま
今日もすっくと立っています。

すべてはソツなく図られた
作家 武田晋一の思惑。
脆いのに崩れない
強くなくても立っていられる
つまりはそう、バランス バランス。








アーティスト 
武田晋一  展

2011年12月17日(土)〜12月25日(日)
開場時間 12:00〜19:00

※17、18日は 武田晋一氏が在廊します。

ー開催場所・お問い合わせー
RePS
〒737-0845
広島県呉市吉浦新町1−6−21 2F
Tel/Fax 0823−31−7747
HP http://reps.exblog.jp
MAIL replay819@me.com
Twitter @feel_RePS

JR呉線 吉浦駅より徒歩5分
駐車場あり
[PR]
本日もRePS 武田晋一 アート展にお越しいただいたみなさま
ご来場ありがとうございました。
階段を上がる足音が聴こえて、会場の3Fへとご案内するのが毎日楽しみです。

作品を観て回りながら、お話させていただくのもとても楽しみ。
特に今回の展示は、武田さんの作品とRePSという空間とが繋がれているので
作品と併せて、この建物の成り立ちや趣きにまで目を向けてくださる方も多く
今までは手付かずだった3Fのフロアにも
2F同様、また新しい空気が流れているのを感じます。



作品を観ながらの反応も人それぞれ、実に様々で
その様子や表情、話してくださる感想を受けて
私もまた新鮮な気持ちで作品を観ることができます。
光の加減によってもいろいろな表情を魅せてくれる作品たちですが、
自分とは別の視点、感じ方を通して観ることでも
同じものにあるまた別の魅力を知ることができるのですね。

b0232519_18474084.jpg


先日はふたりでお越しくださったかわいらしい女性方の会話に
思わずフフっとほころんでしまいました。
作品たちを観て、胸に立ち上がってくる思いもいろいろ。
何かそういうものに気付くヒントをくれる、それもアートの魅力なのかもと思いました。


このアート展を通じて、作家である武田さんの感性だけでなく
作品を観る方の感性も受け取りながら、どんどん違う目線で作品を観ることができる
それは毎日、この空間に居るからこそのことで
とてもおもしろくて、ものすごく得した気分です。
この特権とも言える素晴らしい機会に感謝しつつ
ぜひもっと多くの方と一緒に作品を観られるのを楽しみにしています。
展示は日曜日 25日までです。
みなさまのご来場、心よりお待ちしておりますね。



アーティスト 
武田晋一  展

2011年12月17日(土)〜12月25日(日)
開場時間 12:00〜19:00

※17、18日は 武田晋一氏が在廊します。

ー開催場所・お問い合わせー
RePS
〒737-0845
広島県呉市吉浦新町1−6−21 2F
Tel/Fax 0823−31−7747
HP http://reps.exblog.jp
MAIL replay819@me.com
Twitter @feel_RePS

JR呉線 吉浦駅より徒歩5分
駐車場あり
[PR]
b0232519_21243419.jpg


武田さんの作品を展示してから
朝 昼 夕刻と、移ろう太陽の光の強さや陽射しの角度
陽が落ちてからのライティング、と
様々な光の中にある様子を観てきました。

昼間のやわらかな光と西陽が強く射し込む夕刻では、立体作品がまとう影が全く違い
その形、佇まいが別のもののようにも見えます。
投光器に照らし出された夜の姿はまた、壁にくっきりと映る作品のシルエットがとても美しく
作品そのものの輪郭を確かめるように眺めてしまいます。


”3Fで”
展示会場をここに決めた武田さんの意図がよくわかりました。
陽射しが最も入るこのフロアの魅力を活かしてのことだったのです。
そして、
剥き出しの天井の張りや鉄骨、棚も椅子も釘も、落ち葉も窓からの景色も
もともとここにあるものと作品に関係性を紡ぎ出すよう
展示の仕方にも工夫が凝らしてあります。
どこでやっても変わらないのではなく、
展示する場所によって、その場所と作品に繋がりをもたせて魅せる
その空間すべてが彼の創り出すアートなんだと感じています。

b0232519_21275458.jpg


アーティスト武田 晋一の世界。
まだ観ていない方はもちろん、一度観たけれどという方も
ぜひもう一度、違う時刻に訪ねて来てください。
別の光のなかで観る作品たちは、また別の表情で
ここにあるあらゆるものと作品たち
すべてでひとつなんだというのを感じていただけると思います。





アーティスト 
武田晋一  展

2011年12月17日(土)〜12月25日(日)
開場時間 12:00〜19:00

※17、18日は 武田晋一氏が在廊します。

ー開催場所・お問い合わせー
RePS
〒737-0845
広島県呉市吉浦新町1−6−21 2F
Tel/Fax 0823−31−7747
HP http://reps.exblog.jp
MAIL replay819@me.com
Twitter @feel_RePS

JR呉線 吉浦駅より徒歩5分
駐車場あり
[PR]
アート 武田晋一展にご来場いただいた方々から
Twitterなどによせられた感想を抜粋してご紹介させていただきます。


============================================


72/ 武田晋一  展 見てきましたよー 繊細と力を合わせる安定感のうらはらさ、変幻自在の身軽なモバイル作品という印象を受けました。


映画ハーブ&ドロシーからのRePSの武田晋一展そしてパルコの岡本太郎展でアート三昧(^O^)勢い余ってイームズのサイドシェル買ってしまった


RePSのアート展に行って来ました。

b0232519_23141313.jpg






RePS( @feel_RePS )での武田晋一展へ行ってきました。作家の思惑を読み解く面白さ、危ういバランスで成り立っているこの世界のことなど、思うこといろいろ。



僕が気に入った作品は、これ。

b0232519_2323287.jpg






天井からワイヤーで吊られたハンマーが、その重みのバランスだけで棒の自立を支えている。
b0232519_23244868.jpg







作品が多くて欲張りすぎちゃった感じね




作家の武田晋一さん。ここにある作品も、こんな風にして運んで組み立てられたもの。その行為自体がモバイルアート的でコンセプチュアルなもの。
b0232519_23305261.jpg







============================================



さあ、あなたは何をどう感じるでしょうか





アーティスト 
武田晋一  展

2011年12月17日(土)〜12月25日(日)
開場時間 12:00〜19:00

※17、18日は 武田晋一氏が在廊します。

ー開催場所・お問い合わせー
RePS
〒737-0845
広島県呉市吉浦新町1−6−21 2F
Tel/Fax 0823−31−7747
HP http://reps.exblog.jp
MAIL replay819@me.com
Twitter @feel_RePS

JR呉線 吉浦駅より徒歩5分
駐車場あり
[PR]
午後、展示会場となっている3Fのフロアは
冬のやわらかい陽射しがぽかぽかと暖かく。
『太陽ってすごいよね。』そんなことを言いながら、
武田さんとお話しながらゆっくりと作品を観せていただきました。

最初のひらめきや作品たちが生まれてゆく過程など伺いながら
イメージがカタチとなってゆく楽しさ、
ひとつずつの作品について、その造りを紐解きながらじっくりと観せていただくと
これがとてもおもしろいのです。

わかりにくいから…と武田さんはおっしゃいます。
けれど、お話を伺いながら作品にぐっと近付いて
どうなっているのか、それがわかった時に
”嗚呼!”と、
そのものの本当のカタチが改めて眼に映るようになり
それがとても快感で、感動してしまうのです。

b0232519_122118.jpg



今回は、今年制作された作品ばかりを展示していただいておりますが、
フランスにおられた時期の作品のファイルもご覧いただけます。
また、武田さんの在廊は明日まで。
観るだけではなく、中身やプロセスを直接に聞けることで
作品の魅力をもっともっと感じることができます。
在廊の時間は午後3:00頃までの予定となっておりますので、
この機会にぜひ、多くの方に観ていただきたいと思います。


b0232519_134122.jpg



今日は私自身、
アーティスト 武田晋一さん その世界、豊かな感性に触れて
また何か良きものが、心のなかにすっと入って来たような
そんな一日でした。
アートって素敵なものですね、ほんとに。

アーティスト 
武田晋一  展

2011年12月17日(土)〜12月25日(日)
開場時間 12:00〜19:00

※17、18日は 武田晋一氏が在廊します。

ー開催場所・お問い合わせー
RePS
〒737-0845
広島県呉市吉浦新町1−6−21 2F
Tel/Fax 0823−31−7747
HP http://reps.exblog.jp
MAIL replay819@me.com
Twitter @feel_RePS

JR呉線 吉浦駅より徒歩5分
駐車場あり
[PR]
b0232519_178037.jpg



b0232519_17102458.jpg



b0232519_17111624.jpg



b0232519_1712323.jpg



b0232519_17132255.jpg



アーティスト 
武田晋一  展

2011年12月17日(土)〜12月25日(日)
開場時間 12:00〜19:00

※17、18日は 武田晋一氏が在廊します。

ー開催場所・お問い合わせー
RePS
〒737-0845
広島県呉市吉浦新町1−6−21 2F
Tel/Fax 0823−31−7747
HP http://reps.exblog.jp
MAIL replay819@me.com
Twitter @feel_RePS

JR呉線 吉浦駅より徒歩5分
駐車場あり
[PR]
セッティングが仕上がってきた3Fに上がってみて、
びっくりしてしまった。

完全にそこには ”世界” が広がっていた。

不思議な気持ちになった。
急に現実を離れた。

アートなんてさっぱり縁がなかったので、
画像や映像を見てもよく理解できなかった。

なのに、目の当たりにした瞬間、





セッティングが終わった展示の様子を
写真に撮ってみたが、アップするのはやめた。
なにでもそうだが、生で、目の前で見るほうがいいと思う。
この感動は、画像や、文ではうまく伝えられないし、
無理に伝えたくない。



アーティスト 
武田晋一  展

2011年12月17日(土)〜12月25日(日)
開場時間 12:00〜19:00  入場自由

※17、18日は 武田晋一氏が在廊します。

ー開催場所・お問い合わせー
RePS
〒737-0845
広島県呉市吉浦新町1−6−21 2F
Tel/Fax 0823−31−7747
HP http://reps.exblog.jp
MAIL replay819@me.com
Twitter @feel_RePS

JR呉線 吉浦駅より徒歩5分
駐車場あり
[PR]