b0232519_213895.jpg


RePS 私が初めてこのビルに入ったのは昨年、夏のことでした。
朝から陽射しが燦々と降り注ぐ暑い日で、
不動産屋さんに鍵を開けてもらい、初めて建物の中に入った時の印象は

すごいなぁ…。(いろんな意味、で)

長年使われずに、多くの物が詰め込まれたままになっていたこのビル。
おおよそは活用できない物だったのですが
その中に、時々、たまーに
古いけれどちょっとかわいい、素敵な物を見つけたりしました。

b0232519_1432865.jpg


たとえばこのポット。
もちろん湯沸かし機能などありませんし、蓋を開けると湯を吸い上げる管のあるタイプ。
懐かしや~ でもとってもキュートです。

b0232519_1454614.jpg


こちらは、ドーナツ盤レコードプレーヤー。
デザインと色味がなんともかわいい。いいじゃないか、ナショナル!

その他にも、ストーブや時計、
オーディオやらソファやら、趣きある”昭和”な古道具を発掘、保護して使っています。
フロアのあちこちに置いてありますので、RePSにお越しの際にはぜひそんな、
古いけれど素敵な物たちも楽しんでいただければなと思います。

けれどやっぱり一番の素敵は、この建物の造りそのもの。

b0232519_1591217.jpg


階段の手すりやドアの取手、そして部屋同士の間仕切りのガラス。
このガラスは回転ドアのようにくるりと半周開く仕組みで、その木枠がまた素敵なのです。

b0232519_1491693.jpg


掃除するには手間がかかりますが、磨きながらいろんなところがいちいちかわいいと思ってしまう
そして、じわじわと愛着が増してゆく
そんな建物です。


b0232519_211667.jpg


このビルの1Fに昨年店を移転させたリプレイモトサービス店主は当時、
要らないもので溢れ返ったこの古いビルに私を連れて来て、
”いいでしょ?” 嬉しそうに言いました。
”おもしろそ♪” そう応えたのが私。

長い間眠っていたこの建物を再び可動させる、
この場所の新しい物語はそこからはじまりました。
補修や造作、いろんなひとに手を添えてもらいながら、
この一年でずいぶんときれいに、居心地もうんと良くなりました。

イベントと併せてぜひ、この空間を楽しみにお越しくださいね。 
[PR]
今更ながら、この作品を
”映画の上映会”と唱ったのは間違いだったと思っている。

おそらくは映画と言えば一般的に物語で、
その描き方が作品と想像すると思う。
この映画は物語のような起承転結はないし、俳優も出てこない。

アートコレクター ハーブとドロシー。
この演じてない二人が物語で作品なのだ。
尖っていて、ちょっとかわいすぎる二人。

映画というより、この二人を観に来ていただきたい。

勝手な見方だが、この映画はそういう作りだと思っている。

アートに興味のある方は+α以上で楽しめる内容だが、
今までアートに触れる事のなかった方には
ぜひこの上映会のあとに開催される”武田晋一”展を
セットで観ていただく事を強く勧めたいと思う。
今まで触れる事のなかった”ステキ”を感じることができると思います。


b0232519_2391262.png





『ハーブ&ドロシー』 
第1回 2011年12月 7日(水)19:00〜
第2回 2011年12月11日(日)19:00〜
予約制 ¥2,000 (ウェルカムドリンク&フード 付き)

劇場上映はごく限られた映画館で、短い期間でした。
DVD化もされていない作品です。


ご予約はメールにて replay819@me.com


ー開催場所・お問い合わせー
RePS
〒737-0845
広島県呉市吉浦新町1−6−21 2F
Tel/Fax 0823−31−7747
HP http://reps.exblog.jp
MAIL replay819@me.com
Twitter @feel_RePS
[PR]
b0232519_018257.jpg


今日、小部屋(洋室)に、小さな図書室が出来ました。
当初の予定では、小部屋は使用せず空間として見ていただくつもりでしたが
およそひと月のイベント期間中、
足を運んでくださる方たちが楽しめる要素を増やしたい
そんな思いから図書室を作ることにしました。

私たちのごく個人的な蔵書を並べただけなので、雑誌に絵本、カタログや実用書などさまざまで、
ジャンルにもかなり偏りがあったりしますが…
本棚には、趣味とか好きなもの、興味の対象(だったものも)がずらりと並んでいますので
そんなものから想像して、RePSのひと=私たちのことを少し知っていただけるかなとも思っています。

ゆっくりではありますが、心地良い空間をめざして
私自身も日々、動くことを楽しみながらゆこうと思います。

”自分だから出来ること、すべき部分を、ひとつずつ仕上げていけばいい”
周りからのそんな言葉にうんっと頷きながら、
ひたすらにツクル、ツクルの日々です。

うん、よし、ひとつ完成。
今日も大充実の一日でした。

b0232519_085991.jpg

[PR]
b0232519_053544.jpg


RePS管理人がいろいろな思いを込めた空間を創っていってます。

今のところ、RePS事務員がお知らせしているこのHPも
まもなく、管理人による投稿が入る予定です。
[PR]
よく接する人でも、その接する場面によって
その人の趣味の部分しか知らなかったり、
その人の仕事の部分しか知らなかったりする。

フォトグラファー 小野晃蔵
を見られるのは、僕にとっても今回とても楽しみなのだ。


ということは、
この写真展をどう説明したらいいだろうと考えたのだが、
送っていただいた”ただ1枚のデータ”で、
僕が何かを説明する必要はないと思った。

この写真展への高揚感はなんだろ。


b0232519_1921526.jpg

ヨーロッパで出会った人々と一緒に参加したBol D'or Classic。
ただバイクとレースが好きなだけ、それだけの事に親父たちが真剣なまなざしで、
いろんなことを伝えてくれました。

バイク好きな人も、そうでない人も
親父たちの遊びの本気を感じてください。


フォトグラファー
小野晃蔵 写真展  『Motor Life』
2011年11月23日(祝)〜2011年12月4日(日)


12:00〜19:00 入場無料


ー開催場所・お問い合わせー
RePS
〒737-0845
広島県呉市吉浦新町1−6−21 2F
Tel/Fax 0823−31−7747
HP http://reps.exblog.jp
MAIL replay819@me.com
Twitter @feel_RePS
[PR]